北原みのり「『テロとの戦い』とは…」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「『テロとの戦い』とは…」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
あれから14年。パリで起きたことは、ネットで知った(※イメージ)

あれから14年。パリで起きたことは、ネットで知った(※イメージ)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。北原氏は、「テロとの戦い」についてこう書く。

*  *  *
 2001年9月11日の夜、車の中で聞いていたラジオから、ニューヨークで起きたことを知った。

「ワールドトレードセンターに旅客機が……」。原稿を読むパーソナリティも、何が何だかわからない調子での第一報だった。慌てて家に帰りテレビをつけた。それからは一晩中、テレビの前にいた。テレビも24時間ずっと、ニューヨーク一色だった。

 あれから14年。パリで起きたことは、ネットで知った。すぐにテレビをつけたけれど、どのチャンネルからも芸人の高笑いが聞こえてくるばかりだった。信じられない思いでチャンネルを変え続けたけれど、報道される気配がまるでない。これほどの事件も、日本では、ニュースの一部だ。そのことに、軽くショックを受ける。私たちの社会は、いったい何に慣れ、何に鈍くなっているのだろう。

 今年の夏、ヨーロッパ旅行中に知り合った人が、チュニジアでの襲撃事件にニアミスしたんだ、と話してくれた。3月に襲撃された国立バルドー博物館にいたの? と驚くと、「あのテロがあったから、チュニジアでしばらくテロはないと思ってヴァカンスに行った先で」と言っていた。チュニジアでは今年6月、地中海沿いの高級ホテルで30人以上が犠牲になった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい