“Mr.週刊朝日”時代切り取る山藤章二の風刺似顔絵

週刊朝日
 イラストレーター・山藤章二さんによる週刊朝日の「ブラック・アングル」。このたび連載2000回を迎えた。

 連載は1976年1月2日号で産声を上げた。「中ピ連」「3億円事件」「赤ヘル」。前年を賑わせたキーワードが誌面に躍る。

 古典芸能や世界の名画なども巧みに取り入れ、皮肉を利かせた風刺画は人気を集め、唯一無二、似顔絵の新境地を拓いた。

「週刊朝日を最終ページから開かせる男」の異名を持つ。

「気がついたら、40年目。ここからはもう神業です(笑)」

 11月10日、東京・有楽町朝日ホールの記念イベントで、山藤さんは700人を前にこう話し、沸かせた。そして、続けた。

「今は仙人の境地、世間のことはどうでもいいのです。ついてこなかったら、みなさんが悪いんですから」

週刊朝日 2015年11月27日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック