胃がんの8割は「ピロリ菌」の感染が原因 保険使える除菌療法とは?

がん

2015/11/24 07:00

 2014年9月、国際がん研究機関は、「胃がんの8割はピロリ菌の感染が原因」と発表。胃がんの予防としてピロリ菌(正式名称は、ヘリコバクター・ピロリ)の除菌治療を検討するように勧告した。長年取りざたされてきたピロリ菌と胃がんの因果関係が、ついに「ある」と認められたわけだ。

あわせて読みたい

  • 健康保険適用で“胃がんがなくなる日”がやってくる!?

    健康保険適用で“胃がんがなくなる日”がやってくる!?

    週刊朝日

    7/2

    胃がんになりやすい日本人が気をつけるべき習慣――がん研有明病院・山口俊晴病院長に聞く

    胃がんになりやすい日本人が気をつけるべき習慣――がん研有明病院・山口俊晴病院長に聞く

    ダイヤモンド・オンライン

    9/14

  • 猫5割、犬3割が感染 胃の悪性腫瘍を引き起こす細菌とは

    猫5割、犬3割が感染 胃の悪性腫瘍を引き起こす細菌とは

    AERA

    9/24

    ピロリ菌治療が保険診療へ 「胃がん患者が減る」と専門医予測

    ピロリ菌治療が保険診療へ 「胃がん患者が減る」と専門医予測

    週刊朝日

    1/28

  • ピアスの穴あけ、入れ墨もリスク…知らなきゃ損する「感染がん」予防策

    ピアスの穴あけ、入れ墨もリスク…知らなきゃ損する「感染がん」予防策

    AERA

    9/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す