AERA dot.

情報源はYouTube 外国人が訪れる“ニッポンの珍名所”

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

渋谷スクランブル交差点大勢の歩行者が整然と道路を横断する光景が人気。交差点を見下ろす喫茶店のテラス席は、終日カメラを構えた外国人が並ぶ(撮影/写真部・東川哲也)

渋谷
スクランブル交差点

大勢の歩行者が整然と道路を横断する光景が人気。交差点を見下ろす喫茶店のテラス席は、終日カメラを構えた外国人が並ぶ(撮影/写真部・東川哲也)

居酒屋かやぶき欧州ではできない猿との触れ合い「イタリアでは、猿は動物園にしかいなくて見るだけ。このように触れ合えるなんて……」と歓喜と驚愕が交じり合った悲鳴を上げるのは、イタリアから来たベネレッタさん(撮影/写真部・東川哲也)

居酒屋かやぶき
欧州ではできない猿との触れ合い

「イタリアでは、猿は動物園にしかいなくて見るだけ。このように触れ合えるなんて……」と歓喜と驚愕が交じり合った悲鳴を上げるのは、イタリアから来たベネレッタさん(撮影/写真部・東川哲也)

 訪日外国人旅行者の数は右肩上がり。今年に入り1500万人を超え、過去最高を更新中だ。

【その他の“珍名所”の写真はこちら】

 外国人旅行者ならではの人気スポットは、あるのだろうか。訪日外国人向けフリーマガジン「GOOD LUCK TRIP」の植木孝編集長は言う。

「アジアからの旅行客の多くは、訪日前に日本の旅行誌や女性誌で情報を収集。そのため、日本人でもなかなか行かない秘湯などを訪ねます。欧米人は、日本のイメージを体験できるところが好き。猿と触れ合える居酒屋『かやぶき』は、その典型です」

 SNSやYouTubeを駆使して情報収集し、「楽しそうな自撮り写真」に触発されて行き先を決める人も多いという。

「猿が温泉に入る地獄谷野猿公苑(長野県)も、外国人旅行客が殺到したことで国内でも有名になりました」(植木さん)

 日本人が気付かない魅力を、外国人が発見してくれている。


◇渋谷スクランブル交差点
大勢の歩行者が整然と道路を横断する光景が人気。交差点を見下ろす喫茶店のテラス席は、終日カメラを構えた外国人が並ぶ

◇武神館/強くなりたい猛者が忍術を学びに集結
筋骨隆々の外国人数十人が、小柄な日本人の動きを凝視する。ここは千葉県野田市にある武道・忍術を教える道場。師匠の初見良昭さんは海外の特殊機関等で指導経験があるといい、欧米メディアによく取り上げられてきた。ドイツ陸軍で対戦車ヘリに搭乗していたクンスマンさんは、年に3~4回来訪する。

◇居酒屋かやぶき/欧州ではできない猿との触れ合い
「イタリアでは、猿は動物園にしかいなくて見るだけ。このように触れ合えるなんて……」と歓喜と驚愕が交じり合った悲鳴を上げるのは、イタリアから来たベネレッタさん。宇都宮市にある「かやぶき」ではニホンザルを飼育しており、来店客が猿と触れ合う時間が設けられている。猿がビールを運んでくるたびに、あちこちからシャッター音が聞こえてくる。

◇富士そば秋葉原電気街店/蕎麦@秋葉原で日本を体験する
サラリーマン御用達のそばチェーン店も、秋葉原では外国人が目立つ。「日本に来たからにはそばだ」と、初来日のドイツ人3人組は入店前から頬が緩んでいた

◇江ノ電鎌倉高校前踏切/スラムダンク人気で台湾人が急増
国内外で人気のアニメ「SLAM DUNK」のオープニングに出てくるスポット。2013年に台湾のメディアで紹介され、訪れる人が急増した。ウェディングドレス姿で自撮りする台湾人女性の姿も

◇痛部屋ゲストハウス/キャラクターに囲まれアニメ文化を体感
東京・池袋にある、アニメや漫画のキャラクターを部屋一面にあしらったゲストハウス。北京のゲーム会社で働く中国人夫婦は、新婚旅行で訪日した。「ゲーム会社に入ったのも、子供の頃に日本のアニメに影響を受けたから。ここはかっこよくて、居心地もいい」と、夫の陳啓悦さん

週刊朝日 2015年11月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧



このエントリーをはてなブックマークに追加