藤巻健史「黒田日銀総裁はボケてないか」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

藤巻健史「黒田日銀総裁はボケてないか」

連載「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#藤巻健史
間違えた内容の発言をした日銀の黒田総裁 (c)朝日新聞社

間違えた内容の発言をした日銀の黒田総裁 (c)朝日新聞社

 日銀の黒田東彦総裁の発言内容が修正される出来事があった。“伝説のディーラー”と呼ばれた藤巻健史氏は、黒田総裁についてこう危惧する。

*  *  *
 友人のユウキ夫妻が南米の旅から帰ってきて週末のテニスに参加した。ユウキママが皆に「おととい帰ってきたんですよ」と言っているのを聞いて、ユウキパパ曰く「昨日は家内も私も『時差ボケ』でした。家内は、今日になって『時差』はなくなったようですが、『ボケ』は続いているようです。帰国したのは“おととい”ではなく、“昨日”なんですよ」。

★   ★
 10月30日の金融政策決定会合後、黒田東彦日銀総裁が恒例の記者会見を行った。このとき「追加緩和の手段が尽きているのでは」と聞かれた黒田総裁は「イングランド銀行(BOE)は7割くらいまで買い進んだ」と英国の例を引き、「手段に限界があるとは思っていない」と強調したそうだ。日銀の国債保有額は、いまだ発行残高の約3割だから、7割のBOEに比べれば、まだまだだ、とおっしゃりたかったのだろう。

 その後、11月3日付の日本経済新聞を読んで、「日銀、総裁発言を訂正」という小さな記事を発見して、私はずっこけた。

 BOEによる国債の買い入れ規模は、国債発行額の7割ではなく約4割だと訂正したそうなのだ。およよよ! 黒田総裁、大丈夫ですか、ボケてない?

 日銀は、すでに過激なレベルまで国債を爆買いしているのだ。BOEに問題がないからといって日銀にも問題はないと思い込むのは極めて危険だ。そもそも英国は財政事情が日本ほど悪くないから国債発行額が大きくない。だから、4割まで買い進めようとBOEの資産規模の拡大はタカが知れている。2014年末時点で対GDP(国内総生産)比20%程度だ。この比率は米連邦準備制度理事会(FRB)のそれとほぼ同じだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい