WBCと比べても物足りない印象も 「プレミア12」で日本がやるべきこととは? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

WBCと比べても物足りない印象も 「プレミア12」で日本がやるべきこととは?

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#東尾修
韓国戦に先発し、力投した日本代表の大谷投手(11月8日) (c)朝日新聞社

韓国戦に先発し、力投した日本代表の大谷投手(11月8日) (c)朝日新聞社

 実は韓国だけでなく、他のチームもそうだ。ドミニカ共和国やプエルトリコなど中南米の国では自国のウィンターリーグが真っ盛り。大リーガーの不参加が決まったことも相まって、国内リーグを優先させた選手も多いと聞く。投手陣の起用法を見てもわかる。中核となる先発投手がいないので、細かい継投策を講じる国が多い。

 だが、ものは考えようだ。選手の質や各国の取り組みを見て、大会自体の価値が低いと見限ってしまっては、それまでだ。

 第1回開催の今回は、すべてが手探りだ。2006年の第1回WBCもそうだった。イチロー(当時マリナーズ)の有名な「向こう30年、日本に勝てないと思わせるぐらいやっつけたい」の発言。韓国に負けて、準決勝進出も絶望的な状況に追い込まれながら、最後は勝った。大会が進むにつれ、国民の関心は高まっていった。今回も、日本が真剣に取り組み、日本発で大会を盛り上げるといい。どこかが本気にならないと、大会は続かない。何十年もたった後、「世界一決定戦」と呼ばれる大会になるまで、日本がリードし続ければいい。

 台湾では今、日本のスター選手に注目が集まっている。宿舎には夜中までファンがサインを求めて列をなしていると聞く。うれしいじゃないか。日本だけでなく、アジアのファンが日本の野球を見てくれている。

 相手国のデータもそろわないから、すべてが初顔合わせ。データを駆使した野球に慣れた選手には大変だろう。だが、それこそが国際大会だ。日本国内で、いかに恵まれた環境で野球をしているのかも、若い選手たちは実感できるはずだ。

“侍ジャパン”は常設化されたのだから、世界をリードする形で国際化を図ってほしい。野球少年に「将来日本代表になりたい」と思ってもらえる魅力を携えるためにもね。

週刊朝日 2015年11月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい