「命の値段」もコストカット? 自衛官の遺族補償は今後どうなるのか

安保法制

2015/11/13 07:00

 安保国会の喧騒も終わり、世の中は何事もなかったかのような日常を取り戻す。だが、これから待ち構えているのは、“リアルな戦場”。日本国民が新たな「戦死者」と向き合わざるを得なくなる。考えなければならないのは、遺族への補償の問題だ。

あわせて読みたい

  • 「戦死」ではなく「公務死」? 自衛官、いまそこにある危機

    「戦死」ではなく「公務死」? 自衛官、いまそこにある危機

    週刊朝日

    11/13

    稲田防衛相「自衛隊もお願い」発言が自民党誤射

    稲田防衛相「自衛隊もお願い」発言が自民党誤射

    AERA

    7/4

  • ホンネは「集団的自衛権に反対」? 自衛隊員の「リアルな声」

    ホンネは「集団的自衛権に反対」? 自衛隊員の「リアルな声」

    dot.

    4/10

    イラク派遣隊員29人が自殺 帰還隊員らが語ったPTSDの恐怖

    イラク派遣隊員29人が自殺 帰還隊員らが語ったPTSDの恐怖

    週刊朝日

    8/20

  • 高齢化する自衛隊の深刻度 前線兵士がいなくなる?

    高齢化する自衛隊の深刻度 前線兵士がいなくなる?

    週刊朝日

    12/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す