ヒラリー・スワンク 私生活も“オスカー女優”のまま?

2015/11/09 11:30

 性同一性障害で悩む女性、世界王者に挑むボクサーなど、困難を乗り越えて進むタフな役が多いヒラリー・スワンクさん。新作「サヨナラの代わりに」では、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者を演じている。

あわせて読みたい

  • 「日本の全てが好き」ALSの歌姫が伝えたいこと

    「日本の全てが好き」ALSの歌姫が伝えたいこと

    AERA

    11/27

    BTS (防弾少年団)、アイス・バケツ・チャレンジで指名され韓国初のALS病院建設へ向け寄付

    BTS (防弾少年団)、アイス・バケツ・チャレンジで指名され韓国初のALS病院建設へ向け寄付

    Billboard JAPAN

    6/28

  • フェリシティ・ジョーンズ新作映画で「不安の時代に希望を届けたい」

    フェリシティ・ジョーンズ新作映画で「不安の時代に希望を届けたい」

    AERA

    3/31

    参院委員会で意見陳述 ALSの岡部氏「難病でも“境を超える”しなやかな社会を」

    参院委員会で意見陳述 ALSの岡部氏「難病でも“境を超える”しなやかな社会を」

    週刊朝日

    6/28

  • 人間は強いときも弱いときもある ALS患者が「死にたい」と思う社会に問題

    人間は強いときも弱いときもある ALS患者が「死にたい」と思う社会に問題

    AERA

    9/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す