町長にキャスターも ふるさと納税特典人気No.1は? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

町長にキャスターも ふるさと納税特典人気No.1は?

週刊朝日
年代を問わず、肉は不動の首位!

年代を問わず、肉は不動の首位!

「開始後の2カ月間で6千万円の寄付金が集まりました。今までほとんどなかったものが、突然ですから」

 この事例に触発され、全国のほかの自治体に、追随する動きが一気に広がったという。

 ふるさと納税者の居住や定住で人口増を狙う自治体もある。北海道東川町は、ふるさと納税者に対して「株主証」を発行し、町営施設に1週間宿泊できる権利や、植樹体験で住民と触れ合う権利を用意。いわば「お試し地元民」体験だ。「実際に定住し始めた人も数人います」(同町)というからおもしろい。

 ふるさと納税をすれば首長にだってなれる。「1日町長就任の大感謝プラン」(同100万円)を企画しているのは宿泊もできる感謝券でブームを起こした群馬県中之条町。兵庫県多可町は、地元のケーブルテレビを舞台に「たかテレビニュースキャスターになれる券」(限定1名・同100万円)なんていう返礼品も出している。

週刊朝日 2015年11月6日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい