太陽光エネルギーはギターの音をよくする? 泉谷しげる&佐藤タイジ対談 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

太陽光エネルギーはギターの音をよくする? 泉谷しげる&佐藤タイジ対談

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#原発
「ロック」と「電気」の切っても切れない関係(※イメージ)

「ロック」と「電気」の切っても切れない関係(※イメージ)

 太陽光エネルギーだけで運営する野外フェスが注目を集めている。仕掛け人の“ロックスター”佐藤タイジ、フェスに参加したシンガー・ソングライター泉谷しげる両氏に、「ロック」と「電気」の切っても切れない関係について語ってもらった。

*  *  *
――太陽光エネルギーでの野外フェス「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」を始めた経緯は?

佐藤タイジ(以下、佐藤):そもそも僕は、ずっと前から武道館のステージに立つのが夢だったのね。「武道館公演やらなきゃ死ねない」って。

泉谷しげる(以下、泉谷):へー、そんなに?

佐藤:そう。で、その準備を始めたころに東日本大震災が起きちゃった。武道館の夢も取り下げなきゃいかんかなとも考えた。でも、復興支援イベントをしながら、ふと「ソーラーでやればいいじゃん!」と思いついた。

――2012年に武道館で太陽光ライブを成功させ、「中津川」につながった。

泉谷:CDが売れない時代に、これだけの数の若者が集まる。やっぱりライブってのはいいね。

佐藤:やっぱり音楽って演奏する人と見る人がいて、成立するわけだから。

泉谷:ロックってさ、破壊の文化のように見えて、実は発明の歴史じゃん。「こんなフレーズ、どうやって作ったの」「このギター、どうしてこんな音が出るの」って。アンプなどの進化も含めてさ。太陽光エネルギーを使ったステージだって発明だよ。

佐藤:初めてソーラー蓄電池にギターのアンプつないだとき、音の良さに驚いた。「タイジ、おまえの進むべきはこっちだ」と道が照らされたような……。

泉谷:今はみんなエフェクター(音響装置)とか、電気の力に頼りすぎなんだよ。もっとシンプルな電気仕掛けにしないと。ロックは省エネと真逆のところにいたわけで、環境にやさしいことをやるなんて、昔のロックスターに言わせたら「ふざけんな、こらっ」って話だよ。でも、東日本大震災で変わったよな。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい