まさに日本向き! 小水力発電が自治体にモテる理由

2015/10/26 07:00

 小水力発電が国内で脚光を浴びつつある。一般的には千キロワット以下を小水力と呼ぶ。水量と落差があればどこでも発電できることから、水資源が豊富な日本に向いている。

あわせて読みたい

  • 「名水の里」が取り組む小水力発電のポテンシャルとは

    「名水の里」が取り組む小水力発電のポテンシャルとは

    dot.

    1/14

    金、人、モノ…すべて「地元産」 小田原市が実践する究極の再生可能エネルギーとは

    金、人、モノ…すべて「地元産」 小田原市が実践する究極の再生可能エネルギーとは

    dot.

    12/6

  • 辛坊治郎氏 経験踏まえ「太陽光発電の適正買い取り価格は33円」と結論

    辛坊治郎氏 経験踏まえ「太陽光発電の適正買い取り価格は33円」と結論

    週刊朝日

    6/5

    「パリ協定」は実現可能? 具体的戦略のない日本に対し世界は…

    「パリ協定」は実現可能? 具体的戦略のない日本に対し世界は…

    dot.

    5/7

  • 太陽光発電、オフグリッドで普及を目指す・藤野電力

    太陽光発電、オフグリッドで普及を目指す・藤野電力

    dot.

    11/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す