気管支喘息 新タイプの加熱治療登場で減ステロイドへ

健康

2015/10/20 07:00

 気管支が炎症を起こし、呼吸が苦しくなる気管支喘息。そのなかでも、吸入ステロイド薬の使用を最大量まで増やし補助薬を使っても発作が起こってしまうのが、重症の気管支喘息だ。その治療に対し、新たな補助薬や治療法が健康保険の適用となった。

あわせて読みたい

  • 基本治療が効かない「気管支喘息」の新たな治療法とは?

    基本治療が効かない「気管支喘息」の新たな治療法とは?

    週刊朝日

    3/31

    花粉症があると「ぜんそく」が悪化? ぜんそく患者の7割がアレルギー性鼻炎を合併

    花粉症があると「ぜんそく」が悪化? ぜんそく患者の7割がアレルギー性鼻炎を合併

    dot.

    12/12

  • 年間1700人が死亡…気管支喘息のさまざまな治療法

    年間1700人が死亡…気管支喘息のさまざまな治療法

    週刊朝日

    8/29

    コロナ感染とステロイド剤、解熱剤の関係 薬の変更を勧める場合とは?

    コロナ感染とステロイド剤、解熱剤の関係 薬の変更を勧める場合とは?

    週刊朝日

    7/17

  • 重症ぜんそく患者に朗報「気管支サーモプラスティ」で発作回数も減少

    重症ぜんそく患者に朗報「気管支サーモプラスティ」で発作回数も減少

    AERA

    3/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す