北原みのり「ああ、韓流で知る国家とは」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「ああ、韓流で知る国家とは」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
シルバーウィークを韓国で過ごして驚いたのは、日本からの旅行客が激減していたこと(※イメージ)

シルバーウィークを韓国で過ごして驚いたのは、日本からの旅行客が激減していたこと(※イメージ)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。シルバーウィークに韓国を訪問し、驚いたという。

*  *  *
 シルバーウィークを韓国で過ごして驚いたのは、日本からの旅行客が激減していたこと。街で日本語がほとんど聞こえてこない。ゲストハウスに、日本人がいない。あれほどソウルの街を賑わせていた日本人は、どこに行った!?

「今、韓国に来るのは韓流オタクや、本当に韓国が好きな人だけ。ふつうに旅行する日本人が少なくなった」

 ゲストハウスのオーナーが言う。ここ1年くらいで、パタリと日本からの客が、消えてしまったという。「韓国人は日本が嫌い」というような番組が、日本のテレビでここ数年、繰り返し流されてきた。嫌韓を煽る言説も、ネットで簡単に読めてしまう。そういう空気が、今、リアルに反映されつつあるのかもしれない。

 ソウルの街を歩くと、軍服姿の若者と時々すれ違う。思わず後ろ姿を追ってしまう。東方神起のユノ(もう、説明不要ですよね?)が今年の7月に徴兵に取られ、軍楽隊に配属されている。芸能人が配属されやすい部隊で、ユノの他にも、人気スターが歌ったり、司会をしたり、踊ったり「させられている」のが、ネットで流れてくる。先日も、坊主頭のユノが、地方の小さなイベントで、金の刺繍が施された真っ赤な制服を着て、全くイケてない同僚と、手拍子を打つ少人数の観客に向かって、運動場みたいなところで、一生懸命踊っている動画が回ってきた。

「いい男に坊主は似合わない!!」と女友だちから悲痛のメールが届く。「今、ユノは、孫悟空の芝居のために、遠征しているのだと思うことにしました」と、別の友だちが意味不明な決意を表明してくる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい