「月9殺し」杏の恋愛ドラマ、シリーズ化をカトリーヌあやこが熱望 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「月9殺し」杏の恋愛ドラマ、シリーズ化をカトリーヌあやこが熱望

連載「てれてれテレビ」

「デート」のシリーズ化を熱望!(※イメージ)

「デート」のシリーズ化を熱望!(※イメージ)

 ドタバタな浮気騒動を解決して、星を眺めながら二人きり。ついに素直な気持ちがこぼれ出す。「月が綺麗ですね」と、つぶやく巧。夏目漱石は、かつて授業で「アイラブユー」を「月が綺麗ですね」と意訳したと、語る巧。そう、放映日はちょうどスーパームーン。いつもよりひときわ月が大きく見える日。思わず、窓から月を振り仰いでしまう、綺麗なネタフリとオチ。

「君がほしいです。隅々までほしいです」と、いざ二人のラブシーンが始まるか?という瞬間は、放映時間で23時すぎ。冒頭で、二人が交わしていた結婚契約書の条項が、頭をよぎる。「23時から性交渉、ピロートークは15分」。契約通りだよ!てなネタフリとオチ(残念ながら、性交渉は未遂で終わりましたが)。

 少しずつゆっくりと恋というものを知っていく二人。今後も、結婚式、新婚旅行、出産、子育てと、ネタフリ&オチ回収できるエピソードが目白押しだ。SPタイトルが「2015夏 秘湯」と、「北の国から」狙い(?)だけに、ぜひシリーズ化をお願いしたい。

週刊朝日 2015年10月16日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

カトリーヌあやこ

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい