オーバー60写真集も話題 “シニアファッション”市場が拡大する理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

オーバー60写真集も話題 “シニアファッション”市場が拡大する理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#シニア
OVER60 Street Snap ―いくつになっても憧れの女性Amazonで購入する

OVER60 Street Snap ―いくつになっても憧れの女性
Amazonで購入する

 若者だけでなく、シニアの間で“おしゃれ”が広がっている。「ガモコレ」と呼ばれるシニアのためのファッションショーが開かれるなど、年齢問わず全世代でファッションを楽しんでいるのだ。

 そもそもおしゃれなシニアが増えているのは、なぜか。背景には、彼女たちが生きてきた時代が関係しているとifs未来研究所所長でファッション文化に詳しい川島蓉子さんは話す。

「団塊世代は、60年代のミニスカート、70年代のヒッピー、ジーンズルックといったように、若いころから流行のファッションを経験してきました。そういった世代がシニアになってきたため、今、『おしゃれなシニア』がマーケットとしてできつつあるのです」

 主婦の友社は、銀座や表参道を歩く60歳以上の女性のファッションスナップを集めた写真集『OVER60 Street Snap』を昨年9月に発売。初版は6千部だったが、異例の人気で現在8刷、5万5千部と部数を伸ばした。

「編集部に『こんな本が欲しかった』と感謝のお電話をくださる方もいらっしゃいます」(編集者の依田邦代さん)

 三越伊勢丹は昨年4月から、60代前後のアクティブシニアの女性をターゲットにしたプライベートブランド「メゾン ド ウーマン」を立ち上げた。旅行に持っていきやすいようシワになりにくい素材を使ったワンピースや、おなか回りにギャザーを入れて膨らみを目立たせない効果をつけたトップスなどの商品を展開している。

「既存のシニア服売り場では満足されなかった方が足を運んでくださり、新規の顧客が増えています」(三越日本橋本店セールスマネージャー・小田島巧さん)

 ただ、まだまだ市場には「おばあちゃん」ぽくなってしまう洋服も多い。そんななか、自分の体形や好みにぴったりの洋服を手作りしている人もいる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい