高齢が理由でペットを愛護センターに 殺処分の可能性も (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高齢が理由でペットを愛護センターに 殺処分の可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
ペットがいる生活では自然に言葉や笑顔が出て、責任感も出ます」(※イメージ)

ペットがいる生活では自然に言葉や笑顔が出て、責任感も出ます」(※イメージ)

 毎年5万人を対象に犬や猫の飼育実態調査などを行っている一般社団法人ペットフード協会は、高齢者を中心に「犬を飼って散歩にいく人」と「ペットを飼っていない人」の健康寿命(日常的に介護を必要とせずに自立した生活ができる期間)を調べた。すると、男性は0.44歳、女性は2.79歳も健康寿命が長いことがわかった。

 同協会名誉会長で、人とペットの幸せ創造協会会長の越村義雄さんは、ペットと暮らす効果や効用について、こう説明する。

「女性は高齢期に関節炎などを患う方も多いですが、犬との散歩で予防できているのかなと推測します。ペットがいる生活では自然に言葉や笑顔が出て、責任感も出ます」

 越村さんによれば、ドイツやオーストラリアなど海外では、犬や猫との生活で医療費の抑制が報告されているという。アメリカの調査では、犬を飼っていない人は年間通院回数が10.4回だが、飼っている人は8.6回で済んだそうだ。

 高齢者にとって、ペットは癒やしの対象で、元気のもとになる心強い存在だ。けれどメリットばかりではない。とくに一人暮らしだと、心配も出てくる。

 飼い主が入院したり死亡したりして、ペットが取り残されるケースが相次いでいるのだ。

 奇跡の“救出劇”もある。東京都港区の赤坂動物病院。今年7月、2匹の衰弱した小型犬が運ばれた。一人暮らしの初老女性が孤独死して、室内に取り残されたのだ。発見は1週間後。猛暑続きの中、普通なら命は持つはずがない……だが犬たちは生きていた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい