丸山茂樹 4.5億円稼いだ松山英樹に「僕の前を通り過ぎてほしい」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹 4.5億円稼いだ松山英樹に「僕の前を通り過ぎてほしい」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#丸山茂樹
さらなる活躍に期待(※イメージ)

さらなる活躍に期待(※イメージ)

 英樹にしたら、優勝できなかったというふがいなさもあったかもしれないですけどね。まあいつも言うんだけど、まだ23歳ですから。今シーズン初めてメジャーで勝って大きく開花したジェイソン・デイ(オーストラリア)が27歳。まだそこまで4年あるって思うぐらいでいいですよ。

 これから優勝を積み重ねていく未来も、僕は見えてると思うし、1シーズンで複数の優勝もできると思う。そのうち「○年連続優勝」なんてことも出てくるはずです。焦ることはないですよ。今シーズンのこの数字に誇りを持ってもらいたいですよね。賞金ランキング、ワールドランキング。一つひとつの数字に誇りを持ってもらえたら。

 英樹は「全体的に普通になってきた」とコメントしてるみたいですね。2シーズン目で周りの雰囲気、顔なんかわかってきただろうし、米ツアーの1シーズンの動き方も頭と体でわかってきたんじゃないですか? コースに関しても、だいたい自分がこれぐらい頑張ると、このへんにいられるという感覚を把握してきたんだと思いますね。これが経験値ですよ。

 それに1シーズン通じて大きなケガがなかったのも素晴らしい。米ツアーのスケジュールの中で、どの時期に筋力強化していくかってのがわかったはず。それに、トレーナーともいい関係が築けてる証拠ですね。(石川)遼もそうですけど、トレーナーだったりマネジャーだったりという専任スタッフで「チーム」をつくってる。これが機能してるんですよね。

 実は日本人で「チーム」をやり始めたのは僕が最初でした。僕以前の日本選手ってのは、一人でポンとアメリカに来てたんです。これはかなり厳しいですよ。だから僕は最初から英語のしゃべれるマネジャーを用意して、環境作りから始めました。自宅もすぐに決めて、ホテル住まいもしなかったです。だからアメリカで9年間、うまくやっていけたんだと思います。

 英樹には僕の米ツアー3勝を早く抜いてもらいたい。さらっと4勝目をあげて、「あ、丸山さん、おつかれさまでした」って、僕の前を通り過ぎてほしいですね。ワハハ。

週刊朝日 2015年10月16日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい