丸山茂樹、リオ五輪でゴルフ日本代表監督に「僕は盛り上げ役」と抱負 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹、リオ五輪でゴルフ日本代表監督に「僕は盛り上げ役」と抱負

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
選手に役立つ助言をプレゼントします (c)朝日新聞社 

選手に役立つ助言をプレゼントします (c)朝日新聞社 

 南米でのプレー経験もありますよ。00年12月でしたね。アルゼンチンの首都ブエノスアイレスであった「EMCワールドカップ」に、田中秀道と組んで出場しました。そのときの経験からすると、リオの芝はバミューダかティフトンのどっちかだと思いますんで、どんなプレーをしなきゃいけないかってのは想像ついてます。

 いざ本番になって日本の選手がプレーしてるのを見たら、アツい気持ちになるでしょうね。思い出すのはやっぱり1990年、日大3年のときに出た北京アジア大会です。

 個人でも団体でも金メダルをとらせてもらって、表彰台の一番高いところに立ちました。いやあ、あそこに立ったときの気持ちの高ぶりは、僕の想像をはるかに超えてましたね。「こりゃすげえ」って。一生忘れられない思い出のひとつですよ。

 だから日本の選手にも当然、その気持ちを味わってほしいですね。トッププロが集まってくるわけですから、僕のアジア大会とはケタ違いにレベルが高い。でも、4日間72ホールの一発勝負ですから、何が起こるか分からない。僕が02年に伊澤利光さんと組んでワールドカップで勝った前例もありますからね。十分にメダルのチャンスはあると思います!

 最後になりましたが、ANAオープン(9月17~20日、札幌GC輪厚[わっつ])で石川遼(24)が日本ツアー12勝目を挙げました。ポッと帰国して勝つなんて、なかなかできることじゃない。遼は立派でした。そんな遼がやっとのことで米PGAツアーのシード権を得たんです。今回の優勝でまた、米ツアーのレベルの高さも分かってもらえたのではないでしょうか。

週刊朝日 2015年10月9日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい