力士が刀抜き、デーモン小暮が司祭 尾崎亜美夫妻の変わった結婚式

週刊朝日#夫婦
 来年、デビュー40周年を迎える妻・尾崎亜美は、自身の曲はもちろん、多くのアーティストにも楽曲を提供する人気シンガー・ソングライター。夫・小原礼は斬新なサウンドで日本のロックシーンを席巻した後、アメリカで第一線のミュージシャンたちと活動を続けてきた凄腕ベーシスト。常に日本の音楽界のフロントランナーでありつづける二人の結婚式は、驚きの連続だったという。

妻:まず当日の朝、ケーキ屋さんから電話が……。

夫:「ケーキが輸送中に壊れちゃったので、キャンセルでいいですか?」って。

妻:作り直す時間もない、っていうから、どこがどう壊れたのか、とにかく見せて、と。1段のケーキだったんだけど、上はきれいで、脇だけが壊れちゃってた。

夫:一番のびっくりは、牧師だったね。

妻:予定を1時間以上過ぎても来ないんです。

夫:電話したらダブルブッキングしちゃったと。「Oh! My God!」だって。冗談じゃない(笑)。

妻:困り果ててたら、たまたま列席者の中に、悪魔がいましてね……(笑)。

夫:聖飢魔IIのデーモン閣下なんですけど(笑)。

妻:悪いけど牧師さんやってくれる?ってお願いしたら、「魔界では牧師とはいわず司祭というのだが……」なんて、ごにょごにょ言ってるから、「わかった。何でもいいから、やって!お願い!」って(笑)。

夫:でも、いい悪魔だったよなぁ。準備も後片付けも手伝ってくれて。

妻:皿洗いまでしてくれたんですよ(笑)。

夫:力士からのビデオレターもあったよね。

妻:私が相撲好きで、力士のお友達も何人かいたんですよ。特に仲の良かった安芸乃島関(現年寄の高田川勝巳さん)がいろんな方からのメッセージをビデオにまとめてくれて。関取が最後に日本刀をすらっと抜いて「何かあったら、私が容赦しません」なんてね。アメリカ人大喜び(笑)。

夫:悪魔には八つ裂きにされるわ、力士からは日本刀で脅されるわ……どんだけ信用ないんだよ、俺(笑)。

週刊朝日 2015年10月2日号より抜粋

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック