防衛省OBが告発「自衛隊の通信インフラはグランドデザインが必要」

安保法制

2015/09/25 11:30

“違憲”安保法が成立したが、そんななか、とんでもない事実が発覚した。安倍政権は、来年度予算で世界最先端の兵器を米国から購入し、自衛隊に導入するつもりだ。ところが、自衛隊にはそれを使いこなすインフラが整っていないという。防衛省(旧防衛施設庁)OBで情報通信コンサルタント会社「TEIRY」代表の佐藤定利氏(73)が衝撃の告発をする。

あわせて読みたい

  • 安倍政権の足元を揺るがす自衛隊のインフラ大欠陥

    安倍政権の足元を揺るがす自衛隊のインフラ大欠陥

    週刊朝日

    9/25

    容量が足りない自衛隊の通信網 総額1400億円最新装備に対応できず

    容量が足りない自衛隊の通信網 総額1400億円最新装備に対応できず

    週刊朝日

    9/25

  • 本誌記者も戦車に乗ってみた ヘリ、戦車など展示でテーマパーク化する広報施設

    本誌記者も戦車に乗ってみた ヘリ、戦車など展示でテーマパーク化する広報施設

    週刊朝日

    12/4

    来年2月施行で防衛省「武器使用拡大」 安保法制が自衛隊員を殺す

    来年2月施行で防衛省「武器使用拡大」 安保法制が自衛隊員を殺す

    週刊朝日

    8/20

  • 防衛省・自衛隊でスキャンダルが繰り返される理由

    防衛省・自衛隊でスキャンダルが繰り返される理由

    ダイヤモンド・オンライン

    8/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す