有効性に疑問符の「がん粒子線治療」 医療ツーリズム5500億の行方

がん

2015/09/21 07:00

 安倍政権の成長戦略の目玉として掲げられた「最先端医療技術」。そのひとつであるがん粒子線治療の有効性に疑問符が付けられた。がん粒子線治療とは陽子線と、重粒子線(炭素イオン線)をがん細胞に照射する治療だが、さらに問題も起きている。早くも看板倒れとなってしまうのか。

あわせて読みたい

  • 安倍政権・成長戦略の目玉 学会報告で「がん粒子線治療」の有効性に疑問符

    安倍政権・成長戦略の目玉 学会報告で「がん粒子線治療」の有効性に疑問符

    週刊朝日

    9/21

    肺がん治療で今注目は「陽子線治療」

    肺がん治療で今注目は「陽子線治療」

    週刊朝日

    12/17

  • がん治療で活躍のロボット「ダビンチ」 保険適用広がりより“患者に優しく”

    がん治療で活躍のロボット「ダビンチ」 保険適用広がりより“患者に優しく”

    AERA

    2/9

    進化する「前立腺がん」の放射線治療 合併症リスク軽減で効果増!

    進化する「前立腺がん」の放射線治療 合併症リスク軽減で効果増!

    週刊朝日

    4/18

  • 「300万円がタダになるかと…」先進医療めぐる患者の「誤解」

    「300万円がタダになるかと…」先進医療めぐる患者の「誤解」

    AERA

    9/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す