米動画配信・ネットフィリックスでレンタルビデオ店は消滅する? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

米動画配信・ネットフィリックスでレンタルビデオ店は消滅する?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

選べる動画はよりどりみどり? (c)朝日新聞社 

選べる動画はよりどりみどり? (c)朝日新聞社 

 近い将来、町からレンタルビデオ店が消えるかもしれない──。スマホが普及し、動画やニュースなどを手元で見る人が多くなった。9月1日、さらに勢いをつけて広がりそうな米ネット動画配信サービスが、日本に上陸した。

 日本参入を果たしたのは、米国内で4140万人、世界では6500万人の会員数を誇る有料動画配信の米最大手「ネットフリックス」だ。自社制作のドラマが米エミー賞を受賞するなど、独自コンテンツの評価も高い。又吉直樹さんの小説『火花』を自社で映像化、独占配信がすでに決まっているなど、日本での事業展開に意欲的だ。

 リード・ヘイスティングスCEOは都内のイベントで、

「試してもらえば見たいものがたくさんあるとわかる」

 と、その質と量に自信を見せた。価格は三つのプランから選ぶことができ、最安で月額650円。定額制で見放題だ。

 NHKや民放各局は番組を提供し、ネット配信と足並みをそろえる。むしろその直撃を受けるのは、レンタルビデオ業界だ。日本映像ソフト協会の調査によると、2005年に約6千店舗あったレンタルビデオ店は15年6月時点で約3200店舗と半減。ツタヤ、ゲオの大手2社もすでにネット動画配信をしている。利用者はどう感じているのか。レンタルビデオチェーンをよく利用するという都内の20代の男性は、

「ネット動画の品ぞろえ次第では、レンタルは利用しなくなるかも」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい