富士重工、沖電気、新日鉄住金、ラオックス…世界同時株安にも負けない鉄板銘柄 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

富士重工、沖電気、新日鉄住金、ラオックス…世界同時株安にも負けない鉄板銘柄

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

手だれの投資家の次の一手は…

手だれの投資家の次の一手は…

 8月末起こった世界同時株安で、日米のマーケットはパニック状態になった。

 相場の乱高下に振り回された個人投資家の悲痛な声が聞こえてくる。

「2万円は切らないだろうと思っていたのに、予想が外れました。二十数銘柄が売るに売れない状況になっています。早く相場が元に戻ってほしい」(個人投資家の50代男性)

 だが、危機は好機とばかりに稼ぐ、手だれの投資家は次の一手をうかがう。

 アベノミクス以降、3千万円の利益を得た千葉県在住の銀行マン、越田仁さん(仮名、58歳)の主な投資先は、割安株だ。割安株とは、本来の企業価値に比べて、株価が低い企業を言う。

 越田さんの注目は、トヨタ、富士重工、伊藤忠、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャルグループ、ANAだ。

「トヨタや富士重工は超優良企業ですので、今の株価水準はお買い得。先日、国際線に乗って感じたのですが、訪日外国人利用が多いANAの株価は伸びるでしょうね。同じ理由でJALも買いました」(越田さん)

 もう一つ重視しているのが、株主優待だ。積水ハウス、スーパーを展開するベルク、アミューズメント施設運営大手のイオンファンタジーの優待品は、魚沼産コシヒカリ。家計の助けになっているという。

「ビックカメラやニトリホールディングスの優待は買い物優待券で、これも家計の助けになる。株価水準も高くありません。優待狙いで投資先を選ぶ際、割安かどうかを見極めたほうがいいでしょう」(同)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい