「敗軍の将」の末裔が明かす大名家に伝わる極秘の言い伝え

2015/08/31 07:00

 歴史には、表もあれば裏もある。だが、その語り部は常に勝者側で、敗者側の話はほとんど表に出てこない。今夏は太閤・秀吉が築いた豊臣家が滅んだ大坂の陣(1615年)から400年──。豊臣側の敗軍の将の末裔たちが、ご先祖の知られざる物語を語り合った。集まってもらったのは、豊臣秀吉の子孫・木下崇俊(きのした・たかとし)、石田三成の子孫・石田秀雄(いしだ・ひでお)、大谷吉継(よしつぐ)の子孫・大谷裕通(おおたに・ひろみち)の三人だ。

あわせて読みたい

  • 木下家19代当主・木下崇俊「大坂の陣で殺された豊臣秀頼の遺児が生きていた?」

    木下家19代当主・木下崇俊「大坂の陣で殺された豊臣秀頼の遺児が生きていた?」

    週刊朝日

    1/19

    現代に伝わる石田三成の宝刀、米国から戻った秀吉からの鎧兜

    現代に伝わる石田三成の宝刀、米国から戻った秀吉からの鎧兜

    週刊朝日

    9/1

  • 木下家19代当主・木下崇俊「木下家に伝わる秘密、何度も暗唱した父」

    木下家19代当主・木下崇俊「木下家に伝わる秘密、何度も暗唱した父」

    週刊朝日

    2/9

    木下家19代当主・木下崇俊「なぜか『豊冨』と名乗った初代」

    木下家19代当主・木下崇俊「なぜか『豊冨』と名乗った初代」

    週刊朝日

    2/2

  • 木下家19代当主・木下崇俊「家宝は大名の暮らし綴った『慶長日記』」

    木下家19代当主・木下崇俊「家宝は大名の暮らし綴った『慶長日記』」

    週刊朝日

    1/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す