「笑わない愛子さま」は嘘? 現役宮内庁担当記者が明かす秘話 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「笑わない愛子さま」は嘘? 現役宮内庁担当記者が明かす秘話

このエントリーをはてなブックマークに追加

『皇室とっておき』(朝日新書)朝日新聞社定価:1,800円(税込み)Amazonで購入する

『皇室とっておき』(朝日新書)
朝日新聞社
定価:1,800円(税込み)
Amazonで購入する

13年、6年生時の運動会で愛子さまの組体操を見学し、拍手を送る皇太子ご夫妻 (c)朝日新聞社 

13年、6年生時の運動会で愛子さまの組体操を見学し、拍手を送る皇太子ご夫妻 (c)朝日新聞社 

 13年10月12日。東京・四谷の学習院初等科で運動会が開かれました。6年生による「組体操」が始まり、「倒立」「おうぎ」と技が決まるたび、愛子さまの口もとが緩みます。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のテーマ曲に合わせてフラフープを巧みに回す愛子さま。双眼鏡で追うと楽しげに笑みを浮かべています。最後は、1学期から練習を重ねたという「大ピラミッド」。愛子さまは、7段の一番下、それも中央の位置でした。四つんばいになった愛子さまの上に、同級生が重なり、ピラミッドは見事に完成。歓声があがるなか競技を終えると、愛子さまは、同級生と笑いながら退場しました。本部で見守る雅子さまは、何度となく目頭を押さえているようでした。その傍らでは、愛用のカメラでまな娘を追う皇太子さまの姿が。ご一家を支える東宮職員も涙ぐんでいます。

 取材メモを振り返ると、同じ年の「オール学習院大合同演奏会」、さかのぼれば06年の大相撲の初観戦など、過去にたびたび愛子さまの笑顔に遭遇しています。

 それでも初等科入学後は、成長に従い報道陣の前で笑顔を見せることは減ったように思います。一般の子供と同様、成長によるものなのかもしれません。

週刊朝日  2015年8月28日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい