モルディブの海で見た“魚のミュージカル”が美しすぎる! 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

モルディブの海で見た“魚のミュージカル”が美しすぎる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
伊藤勝敏週刊朝日
太陽を囲むように群舞する小魚・キンメモドキ。カツオ釣りのエサにも(和歌山)(撮影/伊藤勝敏) 

太陽を囲むように群舞する小魚・キンメモドキ。カツオ釣りのエサにも(和歌山)(撮影/伊藤勝敏) 

 その広大な海で生きる魚たち。水中カメラマン・伊藤勝敏(いとう・かつとし)の見る魚たちの姿は芸術のように映るという。

【その他の写真はこちら】

 なぜ魚は群れるのだろう。

 捕食者は、自分より大きなものを襲うことをためらう。小魚も群れれば“大きな魚”になれるのだ。いざ襲われたときは小魚に戻り、上下左右に散って攻撃をかわすこともできる。

 一方、ブリやカツオは、獲物を見つけると、群形を巧みに変化させる。団子状になって獲物を海面まで押し上げ、捕食する。攻撃の意味もあるらしい。

 魚群のパレードは、いつ見ても感動的なもの。一糸乱れず右へ左へと翻るように泳ぐ姿は、海中のミュージカルのようだ。

週刊朝日 2015年8月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい