KK起用に迷いなし PL名監督が明かすNo.1ゲーム (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

KK起用に迷いなし PL名監督が明かすNo.1ゲーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
元PL学園野球部監督(現名古屋商科大野球部監督)中村順司さん(69)(撮影/楠本涼)

元PL学園野球部監督(現名古屋商科大野球部監督)
中村順司さん(69)
(撮影/楠本涼)

――当時、入学したばかりのKKをスタメンで起用することに迷いはなかったのだろうか。

 1年生は入学して約1カ月が経過した5月から全体練習に加わりますが、桑田のアピールがすごくてね。ホームベースからライトポールめがけて遠投をさせたら、80メートルの距離なのに低い軌道のボールを投げていた。遠投ですから、普通は山なりになりますよね。それだけ回転の良いボールだったということです。

「だってピッチャーは低いボールを投げるでしょ?」

 というような表情で、

「僕はピッチャーをやりたいです」

 と私にアピールしているようだった。遠投でそのボールが投げられるからこそ、アウトコースへビシッと直球を投げられるわけです。加えて桑田には大きく曲がるカーブがあった。起用に迷いはありませんでした。

 一方、清原には遠くへ飛ばす力と技術があった。2、3年生は小柄な選手が多かったから、チームのバランスを考えても清原は不可欠な存在でした。

週刊朝日 2015年8月28日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい