北原みのり「トイレに落書きできない時代」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。1930年代の「空気」を調べる機会があったという。

*  *  *
 安倍政権になってから、トイレに関する話題が多い気がするのは、気のせいだろうか。有村治子女性活躍担当相が女性の活躍のためにもトイレの整備が大切!とトイレに力を入れていることをはじめ、最近は、トイレに書かれた「自民党」という落書きや、安倍政権を批判する落書きで、警察が出てくる始末。

 トイレの落書きは「器物損壊」にあたるという。テレビでアナウンサーが落書きが「発見された」と言っていて、思わず噴き出してしまったけど、トイレでの政権批判が、テロ扱いされる国になってしまったのね。トイレという、最もリラックスでき、最も間の抜けた空間で、最も緊張が漂うという辛さ……。

 最近、1930年代の日本の「空気」について調べる機会があった。当時の資料を読んでいると、30年代前半は、市川房枝さんなど女性運動家たちが、いかに熱心に反戦を訴え、ファシズムに抗議し、軍縮を呼びかけていたかが伝わってくる。1931年の満州事変の後ですら、右翼や権力を刺激しないように考慮しながらも、平和を訴えていた。例えば1934年、市川さん等による全日本婦選大会などでは、事前に警察から「戦争反対」と言ってはいけないと言われていたけれども、「戦争反対平和愛好の思想を国民の間に普及する事」と、市川さんは朗読したという。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック