丸山茂樹 日本人の石川遼と松山英樹の比較に「よくない」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

 最近は好成績を残せず、ファンからも不安視されていたプロゴルファー・石川遼(23)。しかし、丸山茂樹氏は「相当いいフィーリングでゴルフができてる」と称賛する。

*  *  *
 石川遼にとって、来シーズンの米PGAツアーシード権獲得へ向け、光が見えてきました。

 クイッケンローンズ・ナショナル(7月30日~8月2日、米バージニア州ロバート・トレント・ジョーンズGC)で10位に入りました。今シーズン2度目のトップ10入りです。

 これで遼の賞金ランキングは130位から109位に浮上。シード権獲得の125位以内に入ってきました。シード決定のもう一つの指標である「フェデックスカップポイントランク」でも、140位から、ボーダーの125位に浮上。残り2試合でこのランクでシード圏内に入れば、高額賞金大会のプレーオフシリーズに最大4試合出場できるんです。

 この試合、遼はロケットスタートを切りました。初日に6連続バーディーのあと、米ツアーで自身2度目となるホールインワン。首位で決勝ラウンドへ進んだんです。でも、大事な残り2日はともにイーブンパーで、終わってみれば10位。まあ遼の現状からして、シードをとりたいって意識が強いでしょうから、非常に難しい3日目、最終日だったと思うんです。あれがもしシード権が確実になった状況だったとしたら、決勝ラウンドでもいいパフォーマンスが続けられて、優勝争いができたかもしれない。

 本人の中では、変にプレッシャーかかっちゃったのが、歯がゆかったんじゃないですか? こんないいゴルフができてるときに、なんで俺はシード争いしてんだよ、と。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック