貫地谷しほり「結婚するなら平凡な名前がいい」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

貫地谷しほり「結婚するなら平凡な名前がいい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
貫地谷しほりフォトブック『カンジヤノハナシ』Amazonで購入する

貫地谷しほりフォトブック『カンジヤノハナシ』
Amazonで購入する

「演技派」「若手ナンバーワン」の呼び声も高い女優の貫地谷しほりさん。作家・林真理子さんとの対談で、結婚について語った。

*  *  * 
林:これからやってみたい役とか、あるんですか。

貫地谷:コメディーやりたいです。

林:私、この間「おもろい女」を見てきましたけど、お芝居って俳優さんでこんなに違うものかとびっくりしました。貫地谷さんにぴったりの名作って何だろう……。井上ひさし先生の作品にいっぱいありそう。「頭痛肩こり樋口一葉」の樋口一葉とか。

貫地谷:やってみたいです。以前「泣き虫なまいき石川啄木」をやらせていただいてすごく楽しかったんです。

林:私、それ見てない。啄木役、誰がやりました?

貫地谷:稲垣吾郎さんです。演出が段田安則さんで、渡辺えりさんと鈴木浩介さんと西尾まりさんが出ていて、すごく楽しい現場でした。

林:今度の舞台「もとの黙阿弥」、必ず見に行きますよ。

貫地谷:ぜひいらしてください。うちのおばあちゃん、骨折して入院して初めて私の舞台を見に来られないかもと言ってたんですけど、気合で来るらしいです(笑)。おばあちゃんのためにも頑張ろうと思います。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい