<郷愁のチキンライス>気づいたらレッドリスト料理? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

<郷愁のチキンライス>気づいたらレッドリスト料理?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#グルメ
シンプルなスタイルの登喜和のチキンライス。700円

シンプルなスタイルの登喜和のチキンライス。700円

 そんなことを考えるうち、どうしても食べたくなってきた。後日、登喜和へ。

 赤くケチャップで炒められたご飯と鶏肉、上にはグリーンピース。ケチャップの甘みと酸味、そして鶏肉のうまみが口の中に広がる。中華料理店らしく、ミニスープもついてくる。

 昭和22年開業、現在腕をふるう鴨田利通さん(73)が、2代目のご主人だ。

「俺も好きだからね、時々自分でも作って食べるんですよ」

 と言うが、オムライスはそこそこ注文されるが、チキンライスは少ないという。

「サラリーマンのお客さんが増えましたね。客層も人気メニューも、時代によって変わってきてますよ」

 なす辛みそ丼や肉ピーマン麺、マーボー丼など、パンチのある味が、最近の人気メニューだそうである。

(太田サトル)

週刊朝日  2015年7月31日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい