猪瀬前東京都知事 激白 新国立競技場は「官僚に任せるとまた赤字になる」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

猪瀬前東京都知事 激白 新国立競技場は「官僚に任せるとまた赤字になる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
あまりにずさんな計画…

あまりにずさんな計画…

 新国立競技場騒動に、五輪招致の当事者は何を思うのか。作家で前都知事の猪瀬直樹氏(68)が激白した。

◆  ◆  ◆
 新国立競技場の白紙化が決定されたこと、正しい決断ですが、遅すぎました。

 私の著書『昭和16年夏の敗戦』(中公文庫)では、縦割り体質で情報共有もできないまま、対米戦争に突入していった戦前の日本を描きました。今回の問題でも最終的な責任がどこにあるのか不明なまま、ズルズルと話が進んでしまった。日本の悪い体質が出てしまったように思います。

 まず、巨大な建築プロジェクトの経験が乏しい文科省と傘下のJSCが事業を仕切ったことに問題がある。政治がリーダーシップをとって縦割りを廃し、その道のプロである国交省にまかせていたら、建設会社との価格交渉ももっとシビアにできていたかもしれない。

 文科省は一時、totoの売り上げをつぎ込むという話まで出していましたが、本来は各競技の強化費に使われるお金を使ってしまうという、あまりにずさんな計画でした。最も責任が重いのは官邸をはじめ、ここまで対応を官僚に任せきりにしていた政治家たちでしょう。総工費が「3千億円」になると報じられた時点から、政治家が危機感を持って対応するべきでした。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい