あまりに意味不明な行為 横綱・白鵬がまた「悪役化」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あまりに意味不明な行為 横綱・白鵬がまた「悪役化」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
勝ち抜く力Amazonで購入する

勝ち抜く力
Amazonで購入する

 名古屋場所で35度目の優勝を果たした白鵬だが、対逸ノ城戦での“蛮行”が大きな問題にならなかった理由とは。

*  *  *
「勝負が決まった後ですから、あまりに意味不明な行為。僕らは虚を突かれ、エッ?という感じになりました」(ベテラン相撲記者)

 大相撲名古屋場所9日目の白鵬対逸ノ城戦でのことだ。白鵬は左張り差しから右四つに組んで逸ノ城を危なげなく寄り切ったが、問題は、そのあと。土俵を割って力が抜けた逸ノ城のあごを、白鵬はいきなり右手をノド輪のような形にして下から突き上げていったん止め、その形のまま相手の顔を見もしないで右腕を伸ばし、突き飛ばしたのだ。

「あれはノド輪というより掌底。角度的に入っていたら逸ノ城はひざから落ちていたと思えるほど危険な行為です」(同前)

 その日の審判長だった藤島親方(元大関・武双山)も「見苦しい」とコメントし、当の白鵬は「気を付けます」としたが、本当に反省しているかどうか。

「白鵬は『先場所のアレを返した……熱いものが出た』と言い、先場所初日に逸ノ城に土をつけられたことを意識したようですが」(スポーツ紙デスク)

 これほどの蛮行でも、大きな問題にならなかった。この取組直後の結びの一番で栃煌山が鶴竜に土をつけ、この時点で日本人力士の久々の優勝が期待される展開となり「流れが変わった」と前出ベテラン記者は解説する。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい