丸山茂樹 14歳女子米メジャー挑戦に「すごく立派」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹 14歳女子米メジャー挑戦に「すごく立派」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
14歳が大健闘!(イメージ)

14歳が大健闘!(イメージ)

 男女ともに10代の活躍が続く日本ゴルフ界。丸山茂樹がここ最近で注目した選手を紹介する。

*  *  *
 全米女子オープン(7月9~12日、米ペンシルベニア州ランカスターCC)に挑戦した14歳の山口すず夏(か)さん(神奈川県相模原市立鵜野森中3年)は、残念ながら予選落ちでした。

 5打届かなかったんですね。でも14歳でいきなりアメリカのメジャーに出たんですから、この結果はもう、しょうがないですよ。大健闘と言ってあげてもいいんじゃないですか?

 彼女のコメントは「プロのみなさんはパターのうまさが全然違う。実感しました」と。浮足だったまま終わるんじゃなくて、こうして自分に何が足りないか気づけたのはすごく立派だと思いますよ。

 山口さんは3年前の丸山茂樹ジュニアファンデーションゴルフ大会で優勝してるんです。マルジュニアからこうして、どんどん世界へ羽ばたいていってほしいもんです。

 話は変わりますが、先日欧州ツアーで珍記録が生まれました。「アルストム・オープン・ド・フランス」(7月2~5日)で、18歳でプロのレナート・パラトーレ(イタリア)が2日目の18ホールをすべて「4」で回ったんです!


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい