八重山民謡歌手・大工哲弘「『琉球語を日本語で歌うのか』 昔も差別。独立機運ある」

沖縄問題

2015/07/17 07:00

 本土復帰運動時の労働運動歌「沖縄を返せ」を1994年にリバイバルした大工哲弘(だいく・てつひろ)さん。「沖縄へ返せ」と1字だけ歌い替えたことで、沖縄の自己決定権を象徴する歌として甦った。今も反基地運動の場などで歌い継がれているが、大工さんの思いをジャーナリストの亀井洋志が聞いた。

あわせて読みたい

  • 翁長沖縄県知事が人々を熱狂させるワケ 安倍政権が“カリスマ”を生み出した

    翁長沖縄県知事が人々を熱狂させるワケ 安倍政権が“カリスマ”を生み出した

    AERA

    5/25

    「日本語、分かりますかー?」 いまだ繰り返される沖縄への侮辱

    「日本語、分かりますかー?」 いまだ繰り返される沖縄への侮辱

    dot.

    9/30

  • 基地移設問題はなぜ混迷したのか? 稲嶺惠一元知事が語る“自民党政権の裏切り”

    基地移設問題はなぜ混迷したのか? 稲嶺惠一元知事が語る“自民党政権の裏切り”

    週刊朝日

    5/18

    本土復帰45年の沖縄で「幻の建議書」関係者が語る「復帰は間違いだった」

    本土復帰45年の沖縄で「幻の建議書」関係者が語る「復帰は間違いだった」

    AERA

    5/20

  • 「基地が当たり前」の風景に悩み揺れる沖縄の若き歌人 歌にこめた思い
    筆者の顔写真

    延江浩

    「基地が当たり前」の風景に悩み揺れる沖縄の若き歌人 歌にこめた思い

    週刊朝日

    6/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す