全国“ゆるくない”キャラ図鑑「せんとくん」 2015年のせんとくん 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

全国“ゆるくない”キャラ図鑑「せんとくん」 2015年のせんとくん

このエントリーをはてなブックマークに追加
平城遷都1300年 記念CD せんとくんとめぐる奈良の旅Amazonで購入する

平城遷都1300年 記念CD せんとくんとめぐる奈良の旅
Amazonで購入する

 平城遷都1300年祭のPRのため、せんとくんが登場したのは2008年。

 今までに見たことのないインパクトあるルックスは当時、大きな話題を集めた。新聞・雑誌の掲載件数4587、テレビでの放送回数702、約1800種類のグッズが販売され、大きな経済効果も生んだ。くまモンやふなっしーなど、人気キャラたちの大先輩のような存在だ。

 2015年のいま、せんとくんはどうしているのか。奈良県観光プロモーション課にたずねてみると、

「平城遷都1300年祭終了後の平成23年1月1日付で、『奈良県マスコットキャラクター』という役職に就任しました」

 せんとくんは、奈良県の“職員”なのである。県の職員として、現在も行事やイベント、テレビ出演など精力的にこなし、奈良県の魅力を全国に発信している。

「イベントなどでの会場の盛り上がりに、知名度の高さと人気を実感します」

 大物の風格、という感じだ。人気は根強い。

「今年もせんとくん宛ての年賀状が601枚届きました」

 せんとくんにガールフレンドが出現したと、話題になったことがある。お相手は、奈良県葛城市にゆかりのある中将姫がモチーフの「蓮花ちゃん」。09年には葛城市の當麻寺で、「デート」企画が実現したこともある。その後、進展はあったのだろうか。

「せんとくんは、多くのキャラクターと仲良くさせていただいています。蓮花ちゃんも、仲良くしているお友達の一人です」

 人気タレントの熱愛報道へのコメントのようである。

 せんとくんの登場は、その後のいわゆる「キモカワ」系キャラ人気のきっかけのひとつになった。そんな“後輩”たちの活躍に、先輩・せんとくんから一言。

「たくさんのご当地キャラが誕生して、ともに地域のPRに活躍しているのは、とってもうれしいです」

 これからも、県職員として、ますます活躍予定だそうだ。

(太田サトル)

週刊朝日 2015年7月17日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい