“冷やし中華”1000軒食べた! 林家正蔵が選ぶ絶品の店 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“冷やし中華”1000軒食べた! 林家正蔵が選ぶ絶品の店

このエントリーをはてなブックマークに追加
野方十八番(おはこ)冷やしそば(850円)(撮影/山本倫子)

野方
十八番
(おはこ)
冷やしそば(850円)
(撮影/山本倫子)

◇冷しチャーシューめん(1050円)
共楽(銀座)
東京都中央区銀座2‐10‐12
営:11:00~20:00(金は~20:30、土は~17:00)
休:日祝
提供期間:5月中旬~9月末

 銀座に店を構えて約60年の老舗。うまみが凝縮し、ふっくらとした食感が特徴の手作りチャーシューが自慢。「イチから作るタレは真似できない味。ぜひ食べてみて」と中野喜久雄さん(66)。3代目の和彦さん(29)と腕を振るう。

林家正蔵のPoint!
ポイントは香ばしい黒ゴマとラーメン屋さんならではのチャーシュー。そっけなく見えて、実に計算されています。

◇ひやしそば(850円)
龍水楼(神田)
東京都千代田区神田錦町1‐8
営:11:30~14:00(13:30LO)
休:日祝
※ひやしそばはランチ(月~金)のみ、夜は完全予約制・コースのみ
提供期間:6月~9月末

 北京名物「子羊のしゃぶしゃぶ」の有名店。約50年前のオープン時はまだ珍しかったゴマダレの一品。「普通じゃ面白くないから」と店主の箱守不二雄さん(71)。中国料理店ならではの本格的な蒸し鶏と焼き豚が味わい深い。

林家正蔵のPoint!
大当たり! ゴマベースは数あれど、この味に悩殺された。お里が知れようと、タレを全体にしっかり混ぜて!

週刊朝日  2015年7月17日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい