デスノート・窪田正孝「撮影後は目が充血します(笑)」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

デスノート・窪田正孝「撮影後は目が充血します(笑)」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドラマ

 役柄によって窪田正孝のイメージは変幻自在だ。

 連続テレビ小説「花子とアン」では、ヒロインに恋心を寄せる幼なじみを佇まいで表現し、映画「ST 赤と白の捜査ファイル」では他人とほとんど話さない青年に、視線やしぐさでなりきる。

「監督の求める役に応えたいと思っています。それができないと、この仕事は成立しないので」

 9年前に映画化され、大ヒットした「デスノート」がドラマ化され、主人公の夜神月(やがみライト)を演じる。

「プレッシャーでした。(映画版の藤原)竜也さんだからできるカラーが強くて。でも、今回は原作と違うオリジナルの要素もある。新しい『デスノート』にしたいですね」

 特に目力を意識したという。「力を入れすぎて、撮影が終わった後は目が充血します(笑)」

 若手演技派俳優として評価されるが、決して満足しない。

「もっとできたんじゃないか、といつも思う。だからこそ、役者として生きていきたい」

週刊朝日 2015年7月17日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい