「日本に戻ってこい」 丸山茂樹が米ツアー選手に促す理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「日本に戻ってこい」 丸山茂樹が米ツアー選手に促す理由

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
「日本に戻ってこい」と何度も…(イメージ)

「日本に戻ってこい」と何度も…(イメージ)

 野球やサッカーなど今ではよりレベルの高い海外で活躍するプロ選手も多い。ゴルフもそのひとつ。しかし、ゴルファーの丸山茂樹氏はある日本人選手に何度も帰国をするよう言っているという。その人物は…。

*  *  *
 僕の今シーズン初戦となった「長嶋茂雄招待セガサミーカップゴルフトーナメント」(7月2~5日、北海道・ザ・ノースカントリーGC)。締め切りの関係上、内容は来週号で詳しくお伝えしますので、少々お待ちください!

 6月30日は試合会場で練習ラウンドを回ってきました。メンバーは僕と深堀圭一郎さん(46)、アメリカから一時帰国中の今田竜二(38)、それにウチのジュニアファンデーションからの推薦で出場の小木曽喬(たかし)君(18)の4人でした。

 小木曽君は去年の日本アマチュア選手権の優勝者で、福井工大の1年生。彼のプレーをしっかり見るのは初めてでしたけど、ステディー(安定した)なタイプで、まだまだ伸びしろがあるなと感じました。もっと体が大きくなって、パワーがついてきたら、おもしろいでしょうね。何よりゴルフに対してまっすぐ向き合ってるのがいい。向上心も、ものすごくあるし、ほんとに楽しみですよ。

 さて、今回の本題は今田竜二なんです。長らくアメリカを主戦場にしてやってきた竜二ですが、ここ3シーズンは米PGAツアーのシード権を失い、苦しんでいます。今シーズンもここまで米ツアー3試合と下部ツアー2試合に出場してますけど、すべて予選落ち。つまり試合で一円、いや一セントも稼げていないということですよね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい