「フレンズ」はカン頼みだった!? 再結成レベッカ“秘話” (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「フレンズ」はカン頼みだった!? 再結成レベッカ“秘話”

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
GOLDEN☆BEST REBECCAAmazonで購入する

GOLDEN☆BEST REBECCA
Amazonで購入する

 バブル真っ盛りの1980年代。音楽シーンは熱かった。だが世は移り、音楽はCDよりも配信が主流で、ヒットチャートも様変わりした。そんな時代に、ある80年代バンドが再結成して挑む。当時「酸欠ライブ」と評されるほどファンを熱狂させた、「レベッカ」だ。復活への思いを聞いた。

*  *  *
小田原(以下小):しゃかりきにやってたころのトゲトゲしさ、痛々しさが取れて、しっかりとした今の自分がそこにいた。だから楽しいんだよね。

土橋(以下土):たくさんの音源を聞きなおして、再発見も多かったですね。あ、この曲ってこういうことだったんだ、とか。当時自分が何を思っていたのか、今わかる。

小:うわー、なんだか恥ずかしいなぁ、っていうのもありましたね。

NOKKO(以下N):そう? 私は恥ずかしさはもう、乗り越えちゃってるかも。

土:自分の書いた歌詞見て、「私、何言ってたんだろう」とか、ない?(笑)

N:確かに歌詞は当時の思いそのまんまで、どんどん実年齢と離れてきたわけだけど、そういう恥ずかしい感じっていうのは、95年の阪神・淡路大震災復興ライブのときのほうが強かったな。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい