室井佑月「ズルい人たちは考えることがこすい」

連載「しがみつく女」

 作家の室井佑月氏は、安全保障関連法案に関する審議についてこういう。

*  *  *
 6月19日の国会でも、辻元清美さんはバシッと決めてたわね。

 辻元さんは10日の国会で、菅官房長官に安全保障関係の法案について、合憲とする学者の名を具体的に訊ねた。合憲であるという学者もたくさんいる、と語っていた菅さんは、たった3名の名前をあげた。

 19日の国会で辻元さんは、その3名がじつはとんでもねぇ学者だと暴いてくれた。西修さんは「政府の徴兵制に関する解釈は、およそ世界的に通用しない解釈といわなければならない」といっている、百地章さんは「意に反する苦役に反するから徴兵制はできないという議論は、私は反対であります」といっている、長尾一紘さんは「徴兵の制度と奴隷制、強制労働を同一視する国は存在しない、徴兵制の導入を違憲とする理由はない」といっているというのだ。

 それどころか、非核三原則は要らんとまでいっている人もいるらしい。

 安倍さんを支持するお仲間学者がこうだもの、そのうち「時代が変わった」とかまたいい出して、徴兵制の準備も進めていくんじゃないのかなぁ。悪夢だよ。

 そういや、あたしは前にもおなじようなことを書いたっけ。

 安倍政権の大臣がネオナチの思想を掲げる活動家と写真を撮っていた。安倍首相まで在特会幹部とツーショット写真を撮っていた。そして、このことに対し内田樹さんが、「問題は『そういう人』から『一緒に写真に写りたい人』だと思われているという点にあるわけでしょ」、そう述べていたって書いたんだ。安倍さんを支持するお仲間は、危ない輩ばかりじゃのう。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック