パ・リーグ圧勝の交流戦 東尾修が戦力格差を指摘

連載「ときどきビーンボール」

週刊朝日#東尾修
 交流戦は個性光る「パ・リーグ」に軍配が上がった。西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、球界全体が「個性」を大切にし始めるのではとこう予想する。

*  *  *
 今年も交流戦はパ・リーグが圧倒した。DeNAが長い連敗のトンネルの中にあり、巨人もソフトバンク、日本ハム、ロッテに1勝8敗。セの上位にいた2チームの調子が底にあったことを割り引いても、交流戦史上でパの最高勝率に終わった。戦力格差の議論が出るのは否定できないよ。

 よく「DH制」の有無が議論される。西武の森のように、打撃力が抜きんでている選手は、守備に難があったとしても、DHで起用できるから、打撃特化型の選手も活躍の場がある。投手が打席に立たない分、チームの得点力もあがる。序盤は制約を設けるよりも、2点、3点を大胆に取りに行く野球になる。そして、これだけパワフルな打者が増えれば、投手もそれを抑え込む術を考え抜く。先発投手は代打などの投手交代の影響も受けないから、長いイニングを投げるために何が必要かを身につけやすい。投手と野手が切磋琢磨する中で、パワーと技術が高いレベルで融合していることを感じるよな。

 逆にセの野球はどうか。1点が大きく左右する展開が増える。ならば、初回から手堅く走者を送るなど、進塁打も重要になる。いかに1点を取るか、そして1点を守るかの攻防は、パよりも繊細だ。それ自体は否定しないよ。だが、細かな野球を必要とされれば、オールラウンダーが増える。逆に何かに特化した選手は代打なり、代走、守備固めになる。野球の違いは選手のあり方に影響してしまっている気がする。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック