北原みのり 愛と平和の東方神起 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり 愛と平和の東方神起

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Special Live Tour “T1ST0RY” in SeoulAmazonで購入する

Special Live Tour “T1ST0RY” in Seoul
Amazonで購入する

 作家の北原みのり氏は、東方神起のコンサートに出かけたという。

*  *  *
 先日、バンコクで行われた東方神起のコンサートに行った。1万人以上の観客には中国、韓国、シンガポールや日本からのファンも少なくなかったが、8割以上は若いタイ人女性だ。驚いたのは、彼女たちの多くが、東方神起と共に韓国語で歌を歌っていたこと。

 改めてK−POPの力を思う。日韓関係の難しさが大きく取り上げられているけれど、こんな風に女たちが国境を超えて韓国語の歌でつながって、好きな男を前にくらくらしている現実を目の当たりにすると、別世界を生きているような錯覚をする。ここは平和。絶対に失いたくない、平和。

 いま、日本の東方神起ファンは、恐らく、世界に類を見ない「混乱」の中にいるようにみえる。

 例えば、「東方神起はJ−POPなのだから、J−POPとして応援しましょう!」と敢えて言いたがる人が少なくない。東方神起は日本では日本語で歌い、日本語で話してくれる。だから彼らは韓流ではなく倭流なの、という言い分だ。そんなファンの中には、東方神起への熱い想いを語ると同時に、韓国社会や文化への嫌悪や侮蔑を平気で口にしてしまう人もいる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい