松山英樹はスーパーサイヤ人? 丸山茂樹が絶賛のワケ (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松山英樹はスーパーサイヤ人? 丸山茂樹が絶賛のワケ

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
※イメージ

※イメージ

 英樹の次の試合は、今シーズンのメジャー第2戦となる全米オープン選手権(6月18~21日)です。

 石川遼も3年ぶりに出場します。オハイオ州の会場で最終予選会に参加して、出場権をゲットしました。立派ですよね。ただ、現時点での遼の状態で全米オープンに行って、心を折られなきゃいいなと思わざるを得ないですね。

 予選会をやるようなゴルフ場と本戦では全然違いますからね。3年ぶりだし、その辺で非常にギャップを感じるんじゃないかな?

 全米オープンはとにかく過酷です。USGA(全米ゴルフ協会)が「これでもか」とばかりに、世界一難しいコース設定をしてきますから。

 今回の舞台はワシントン州のチェンバーズベイGC。聞き慣れないのも無理はないです。07年にオープンしたゴルフ場で、まだメジャーどころか、プロのトーナメントさえ開催したことがないんですから。

 アメリカでは数少ない海沿いのリンクスコースで、コース内には木が1本しかないそうです。英樹が練習ラウンドしてきたんですけど、コースを長くとると、最長でトータル7800ヤードになるらしい。「こりゃダメだ」と漏らしてました。

 僕は今年もテレビ朝日系列で解説をさせてもらいます。この新参者のコースが、なぜ全米オープンのコースに選ばれたのか。解説していく中で、その理由を追究して、お伝えできたらいいなと思っています。もちろん日本の選手たちがどう戦うか、深く掘り下げてお届けしますよっ!

週刊朝日 2015年6月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい