爽やかな夏を体現 余市でソムリエが作る“北海道ワイン” 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

爽やかな夏を体現 余市でソムリエが作る“北海道ワイン”

このエントリーをはてなブックマークに追加

 北海道の余市といえば、ウイスキーで有名。しかし、そんな地で生まれたのが、柚子の風味と涼やかな味わいが特徴的な“北海道ワイン”「レジェールモン・ドゥー 2013(白)」だ。

 ワインを手がけたのは、若手醸造家の平川敦雄さんだ。多忙なワイン造りのかたわら、週末はホテルのレストランでソムリエとして働く。この業界では異色の存在だ。

 日本の大学を経て1995年に、本場でワインを学びたいと渡仏。働きながら勉強を続けて、いずれも難関である農業技術士やワイン醸造士、ソムリエの国家資格を取得した。さらにボルドー地方のシャトー・マルゴーなど名だたるシャトーや三ツ星レストランで修業を積む。

 2008年に帰国。北海道でソムリエとして働いていた時、ケルナー種で造られた余市町産のワインと出会う。

「香りも味わいもさらに上質なものになりそうだ。この町で、世界に通用するワインができる」。そう確信し、余市町でブドウを育て始めた。

 柚子の香りが立ちのぼる、初夏の北海道のように爽やかなワインができた。甘さもわずかに感じられる。「レジェールモン・ドゥー」は、ほのかに甘いという仏語だ。

(監修・文/鹿取みゆき)

週刊朝日 2015年6月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい