注射薬から飲み薬へ C型肝炎が根絶される時代に

病気

2015/06/09 07:00

 C型肝炎治療は注射薬のインターフェロンの副作用から解放され、飲み薬だけの時代に突入しつつある。厚生労働省肝炎治療戦略会議のメンバーで、大阪府済生会吹田医療福祉センター総長の岡上武(おかのうえたけし)医師に、最新治療の現状や注意点などについて聞いた。

あわせて読みたい

  • C型肝炎治療「最大の問題点」が解消? 飲み薬で治る時代に

    C型肝炎治療「最大の問題点」が解消? 飲み薬で治る時代に

    週刊朝日

    1/7

    飲酒歴がないのに「肝がん」に? メタボの人は「非アルコール性脂肪肝」にも要注意

    飲酒歴がないのに「肝がん」に? メタボの人は「非アルコール性脂肪肝」にも要注意

    週刊朝日

    9/5

  • C型肝炎「3剤併用療法」は8割に効果あるも強い副作用も

    C型肝炎「3剤併用療法」は8割に効果あるも強い副作用も

    週刊朝日

    10/1

    ノーベル賞受賞のC型肝炎ウイルス 肝臓の病気なのに皮膚のブツブツで見つかるケースも
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    ノーベル賞受賞のC型肝炎ウイルス 肝臓の病気なのに皮膚のブツブツで見つかるケースも

    dot.

    10/9

  • 切除できても再発する「肝がん」 医師が語る“新薬”の実力とは?

    切除できても再発する「肝がん」 医師が語る“新薬”の実力とは?

    週刊朝日

    9/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す