生体肝移植で4人が1カ月以内に死亡 弟子と地元から総スカンの“神の手”

2015/06/04 11:30

 生体肝移植の世界的権威である田中紘一院長(73)が鳴り物入りで開院した高度専門医療機関、神戸国際フロンティアメディカルセンター(KIFMEC)で、移植手術を受けた患者が相次いで亡くなる問題が発覚した。その裏には医学界の魑魅魍魎(ちみもうりょう)の人間関係があった。

あわせて読みたい

  • 電撃ネットワーク・南部が腎移植手術 血液型が違う妻でもドナーになれたワケとは?

    電撃ネットワーク・南部が腎移植手術 血液型が違う妻でもドナーになれたワケとは?

    dot.

    4/30

    人工透析はせずに “最初から腎移植”が増加している!

    人工透析はせずに “最初から腎移植”が増加している!

    週刊朝日

    10/10

  • 海外での臓器移植 “手付金”高騰に「なぜ」の声

    海外での臓器移植 “手付金”高騰に「なぜ」の声

    週刊朝日

    3/17

    心臓移植の希望者は増加 患者支える医療の進歩と延びゆく待機期間の葛藤

    心臓移植の希望者は増加 患者支える医療の進歩と延びゆく待機期間の葛藤

    AERA

    2/27

  • 旭川医科大の「コロナ」解任騒動 内部関係者が明かすカリスマ学長VS病院長「仁義なき戦い」

    旭川医科大の「コロナ」解任騒動 内部関係者が明かすカリスマ学長VS病院長「仁義なき戦い」

    週刊朝日

    2/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す