尾上松也 高校時代悔しさを友人・城田優と共有…

週刊朝日
 女形も立役も演じ、舞台や映像作品にも活躍の場を広げている歌舞伎俳優の尾上松也(おのえ・まつや)さん。作家・林真理子さんとの対談で堀越高等学校時代の思い出を語った。

*  *  * 
林:松也さんって実はすごくご苦労なさってるんですよね。お父さま(六代目尾上松助)が早くに亡くなって。

尾上:早くといっても、僕が20歳のときですけど。高校を卒業して役者の道に入って……。

林:大学は行ってないんですか。

尾上:大学は行ってないです。

林:小学校は青山学院ですよね。

尾上:青学、銀中(銀座中学校)、堀越(高等学校)ですね。

林:青学から堀越、多いですよね。(市川)海老蔵さんもそう。

尾上:堀越は芸能活動に寛大ですからね。学校で得た仲間が、僕の中では仕事をするうえですごく大きなエネルギーになってます。

林:堀越の同級生には誰がいるんですか。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック