全国“ゆるくない”キャラ図鑑「目利き番頭 船えもん」ふなっしーとタッグ結成? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

全国“ゆるくない”キャラ図鑑「目利き番頭 船えもん」ふなっしーとタッグ結成?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 最も有名なゆるキャラのひとつ「ふなっしー」が、千葉県船橋市非公認キャラであることはよく知られている。そんな船橋市の公認キャラが、「ふなばし産品ブランド」をPRする、「目利き番頭 船えもん」である。

 誕生は2012年6月。

「よく言われるんです、ふなっしーに対抗して作ったんですか?と」

 船橋市商工振興課ふなばし観光・ブランド創造室室長の笹井久光さんが言う。ふなっしーが本格的に人気が出たのは13年になってから。メジャーな活動では、ちょっとお兄さんである。

「船えもんはしゃべれないので、トークを担当する女性マネジャーがいます。その点では、おしゃべりが得意なふなっしーは、うらやましいですね(笑)」

 と、笹井さん。

 船橋沖は、江戸時代に徳川家の「御菜浦(おさいのうら)」として魚や貝を献上した豊かな漁場で、船えもんは江戸時代の船橋宿からやってきたそうだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい