好調DeNA 強さの秘密は“心中覚悟”の中畑流異例采配

連載「ときどきビーンボール」

週刊朝日#東尾修
 着実に勝利を掴んでいる横浜DeNAベイスターズ。そこには、選手の成長と中畑清監督の決断がうまくかみ合っていると東尾修元監督は解説する。

*  *  *
 DeNAが順調に白星を重ねている。開幕から50試合近くが経過した。ここまでくれば、ある程度の実力がついてきていると自信に変えていい。4月までは「春の珍事」で頑張れても、ゴールデンウィークが明けると落ちてくる。しかし、これだけ安定した戦いができているのだから、一試合一試合を丁寧に戦っていけば、白星はついてくる。

 中畑監督のある言葉を見て、いい流れで用兵ができているなと感じた。5月16日の広島戦(マツダスタジアム)だったかな。井納に140球完投させたが、試合前に「きょうの試合はおまえにくれてやる。何点取られようが絶対に代えない」と伝えていたという。過去3年は借金生活が長かったこともあって目先の1勝をとることに苦心していたように思う。1勝することで選手に自信を持たせようという意図だろう。だから、将来のエースとして期待する投手に「1試合任せた!」なんて言えるようになっているということは、やっと中長期的ビジョンの中で戦えるようになってきたのだろうな。

 優勝を狙えるチームの監督は、ペナントレース全体を見据え、優勝するために足りない点を修正し、ストロングポイントをさらに伸ばす起用を繰り返す。ただそれは、ある程度計算できる部分を持っているチームだからこそできる。穴が多ければ、その穴を埋めるだけでシーズンは終わってしまう。弱小であればあるほど、穴埋めで手いっぱいとなり余裕は出てこないものだ。個々の選手の成長があってようやくやりたい用兵が可能になった。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック